【面長タイプ】黄金比率に基づいた小顔メイク~How to シェーディング&ハイライト&チーク~

面長さんだったら1度は「顔の縦幅が短くならないかな〜」なんて思ったことはありませんか?

筆者も面長なのですが、顔の大きさがコンプレックスです(笑)

そこで今回は、”顔の黄金比率”に基づいた面長さん向けの小顔メイク方法をご紹介したいと思います♪

面長番長AYO

メイクを極めればコンプレックスを減らせるよ♡

顔の黄金比率とは?

 

顔には、他人から見たときに美しく感じる理想のバランスがあり、黄金比率(ゴールデンプロポーション)と呼ばれています。

  • 顔の縦幅:生え際〜眉頭、眉頭〜鼻先、鼻先〜あご先が1/3の間隔
  • 目幅:顔幅の1/5の間隔
  • 口角の位置:黒目の内側を垂直に下ろしたところ
  • 上唇の輪郭:鼻先〜あご先の1/4
  • 下唇の輪郭:鼻先〜あご先の1/2

画像のような黄金比率に近づくようにメイクするといいでしょう♪

次の項からは、面長さんの黄金比率に基づいた小顔メイクをご紹介していきます。

面長さんの小顔メイク

シェーディングは縦幅を削るように入れる

面長さんは、顔の縦幅が長いので縦を削るようにシェーディングをしていきます。

おでこ・あごを中心に、影を入れるように色が暗めのコンシーラー等をON!

あごは、先端より側面に影をつけるといいといいでしょう。イメージは長方形の角を削る感じです!

シャープでスッキリしたあごに見えます♪

また、日本人は比較的のっぺりした平坦な顔立ちなので、鼻筋・鼻の先端・頬骨の下あたりにも影をつけて顔に立体感を出しましょう。

他にも、口角や唇の下に影をつけると、キュッと口角が上がりぷっくりした唇に見えますよ!

ハイライトは立体感を出すように入れる

影をつけたら、次はハイライトでさらに立体感を出していきます。

おでこ・鼻根・鼻頭・目の下からのCライン・上唇・あごの凹みに光を集めましょう。

ポイントとして、おでこは横長にハイライトを入れるとGOOD!

ハイライトを入れることで、立体感だけでなく、今トレンドのツヤ肌も叶えてくれますよ♡

チークは頬骨の上に横長で入れる

面長感を軽減するには、頬骨のちょうど上に横長でチークを入れるといいですよ!

また、あごの先端に少しチークを塗ると、頬と色が同じなので、目の錯覚で顔がキュッと小さく見えます。

あごは、本当にさりげなくでOKです。シェーディングよりも自然に面長感を軽減させてくれます。

Before & After

シェーディング・ハイライト・チークを塗る前と塗った後を比較してみました。

Beforeはのっぺりしていて、ぼやっとした印象の顔です。Afterは若干キュッと引き締まった立体感のある顔に見えます♪

しかし、特にシェーディングをすることで顔が暗く見えてしまいます。

なので、ファンデーションの色は通常使用しているものよりワントーン明るめがおすすめです♪

面長番長AYO

少しでも参考になれば嬉しいです!

小顔メイクのおすすめコスメ

ここからは、私が普段使っている、小顔メイクをするときにおすすめなコスメをご紹介していきます♪

シェーディングはクリームタイプがおすすめ

【商品】

ちふれ 口紅(詰替用) 748 /350円(税抜)

しっかりと影をつけたいので、シェーディングはパウダーよりもクリームタイプがおすすめです♪

私が愛用しているのは、ちふれの口紅748。

本来はブラウンリップとして使用するものですが、先端が太すぎないので細かい部分にも塗ることができシェーディング用として使っています。

保湿成分のヒアルロン酸や、油性エモリエント成分のマカデミアナッツ油が配合されているので、乾燥しづらい!

影をつけたい部分に塗ったら、パフで優しく叩き込んで馴染ませていきましょう。

ハイライトはパウダータイプがおすすめ

【商品】
ボビイブラウン ハイライト&グロウ ハイライティング パウダーデュオ /9,500円(税抜)

まだハイライトを使ったことがない方は、まずパウダーを使用するのをおすすめします♪

もちろんクリームタイプも素敵なのですが、テカリが強調されすぎてしまうことがあるので、パウダーでサラッと塗るのがいいでしょう。

ハイライトのカラーは、白ではなく、肌馴染みのいいピンクベージュやブロンズがおすすめです!

私が愛用しているのは、ボビイブラウンのハイライト&グロウ ハイライティング パウダーデュオです。

見た目は豪華でギラつくかな?と思いきや、細かな粒子なので内側から輝くような繊細なツヤ肌を叶えてくれます。

こちらは限定版ですが、他のハイライトもあるのでぜひチェックしてみてください♪

公式サイト

パウダーは大きな筆にとって、余計な粉を払ってから肌にのせましょう。

チークはなりたい雰囲気によって使い分ける

【商品】
ちふれ パウダー チーク(ブラシ付き) 570 /360円(税抜)

チークはなりたい印象によって使い分けるといいでしょう。

  • クリーム:内側から滲むような血色感
  • パウダー:ほわっと軽めな血色感

私の中では上記のようなイメージです!

最近愛用しているチークは、ちふれのパウダーチーク。全色持っているのですが、特に570のレッド系がおすすめです!

落ち着いた雰囲気を出してくれるクラシックな赤に色づきます。本当にジュワッと自然な血色感を叶えてくれますよ♡

仕上がりもデパコスに引けを取らないので、「素晴らしい」の一言!

また、裏技として、クリームチークを塗ってから、パウダーチークを重ねると化粧崩れを防ぐことができます。

ベースメイクの要領(リキッドファンデーション→パウダー)と同じです。

 

 

面長さんの小顔メイク法は少しでも参考になりましたでしょうか?

コンプレックスを少なくする第一歩は、自分の顔の特徴をしっかり捉えて、何度もメイクの練習をすることだと思います♪

面長番長AYO

少しでも自信を持ち、自分自身を好きになれますように!

「理想の自分を超えてゆけ♡」面長番長AYOでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です